カジノ

カジノは儲かる!モンテカルロ法をわかりやすく解説

モンテカルロ法とは数列を使ったカジノの戦略です。

まず、数列〔 1,2,3 〕からスタートします。

両端の1と3を足した4を賭けます。

負けた場合、前回賭けた数字を後ろに足して〔 1,2,3,4 〕と書き、また両端の1と4を足した5を賭けます。

また負けたとして、前回賭けた5を後ろに足します。〔 1,2,3,4,5 〕となった数列の両端1と5を足した6を賭けます。

以降、負けるたびに前回賭けた数字を後ろに足していき、その数字の両端を足して次々賭けていきます。

※後ろに付け足す数字は+1ではなく、前回賭けた数字を足していきます。

勝った場合、数列の両端の数字を消し、残った数字の両端を足した数字が次回の賭け額になります。

モンテカルロ法早見表(例)

回数数列賭額勝敗損益 累計
収益
11,2,31+3
=4
×−4−4
21,2,3
,4
1+4
=5
×−5−9
31,2,3
,4,5
1+5
=6
+6−3
42,3,42+4
=6
×−6−9
52,3,4
,6
2+6
=8
+8−1
63,43+4
=7
×−7−8
73,4,73+7
=10
×−10−18
83,4,7
,10
3+10
=13
+13−5
94,74+7
=11
+11+6
101,2,31+3
=4
+4+10
111,2,31+3
=4
×−4+6

表の9回目を見て下さい。

数列が残り〔 4,7 〕の状態で勝ったので、次回の賭け額を計算する数字が11のみとなります。残りの数列が1単位となった時点でリセットされ、〔 1,2,3 〕から再スタートとなります。

モンテカルロ法のメリット

  • マーチンゲール法と違い負け額を分散して取り返す方法なので、賭け金が大幅に変動するリスクが少ない。
  • ディーラーに監視されないオンラインカジノではメモを取りながらできる。

モンテカルロ法のデメリット

  • 1セット終了時点で、累計収益がマイナスになる事がある。

モンテカルロ法を使う上でのポイント

最初の賭け金が1+3=4になるので自分に見合った金額に修正して使う。例 : スタートを$4賭けではなく$0.4にしたり半分の$2にする。※暗算できる簡単な計算にする。

あくまで必勝法ではないので、自分にあった資金で遊ぶ事をおすすめします。

オンラインカジノとは?前のページ

カジノは儲かる!マーチンゲール法をわかりやすく解説次のページ

関連記事

  1. カジノ

    ベラジョンカジノ入出金方法

    最新ニュース今までオンラインカジノをプレイし…

  2. カジノ

    カジノとは

    カジノとは、17世紀イタリアでうまれたルーレットやバカラで金銭を賭け…

  3. カジノ

    日本でオンラインカジノをやると違法?

    数多くのオンラインカジノ企業が日本に参入していますが全てが合法に運営…

  4. カジノ

    カジノは儲かる!マーチンゲール法をわかりやすく解説

    マーチンゲール法とはカジノで負け越しても、一回の勝ちで一気にプラスに…

  5. カジノ

    ベラジョンカジノ高還元率スロット

    みなさんせっかくオンラインカジノで遊ぶなら高還元率のゲームで遊びたい…

  6. カジノ

    ギャンブル依存者は悪い人?

    みなさんギャンブル依存症と聞くと”否定的,,な考えが思い浮かびますよ…

  1. カジノ

    日本でオンラインカジノをやると違法?
  2. カジノ

    今さら聞けない、カジノ”バカラ”のルール
  3. カジノ

    ベラジョンカジノ対応銀行「エコペイズ 入出金」
  4. カジノ

    ベラジョンカジノはイカサマ?
  5. カジノ

    ベラジョンカジノで先日ジャックポットを当てたばかりの日本人プレイヤーが約140万…
PAGE TOP