カジノ

カジノは儲かる!モンテカルロ法をわかりやすく解説

モンテカルロ法とは数列を使ったカジノの戦略です。

まず、数列〔 1,2,3 〕からスタートします。

両端の1と3を足した4を賭けます。

負けた場合、前回賭けた数字を後ろに足して〔 1,2,3,4 〕と書き、また両端の1と4を足した5を賭けます。

また負けたとして、前回賭けた5を後ろに足します。〔 1,2,3,4,5 〕となった数列の両端1と5を足した6を賭けます。

以降、負けるたびに前回賭けた数字を後ろに足していき、その数字の両端を足して次々賭けていきます。

※後ろに付け足す数字は+1ではなく、前回賭けた数字を足していきます。

勝った場合、数列の両端の数字を消し、残った数字の両端を足した数字が次回の賭け額になります。

モンテカルロ法早見表(例)

回数数列賭額勝敗損益 累計
収益
11,2,31+3
=4
×−4−4
21,2,3
,4
1+4
=5
×−5−9
31,2,3
,4,5
1+5
=6
+6−3
42,3,42+4
=6
×−6−9
52,3,4
,6
2+6
=8
+8−1
63,43+4
=7
×−7−8
73,4,73+7
=10
×−10−18
83,4,7
,10
3+10
=13
+13−5
94,74+7
=11
+11+6
101,2,31+3
=4
+4+10
111,2,31+3
=4
×−4+6

表の9回目を見て下さい。

数列が残り〔 4,7 〕の状態で勝ったので、次回の賭け額を計算する数字が11のみとなります。残りの数列が1単位となった時点でリセットされ、〔 1,2,3 〕から再スタートとなります。

モンテカルロ法のメリット

  • マーチンゲール法と違い負け額を分散して取り返す方法なので、賭け金が大幅に変動するリスクが少ない。
  • ディーラーに監視されないオンラインカジノではメモを取りながらできる。

モンテカルロ法のデメリット

  • 1セット終了時点で、累計収益がマイナスになる事がある。

モンテカルロ法を使う上でのポイント

最初の賭け金が1+3=4になるので自分に見合った金額に修正して使う。例 : スタートを$4賭けではなく$0.4にしたり半分の$2にする。※暗算できる簡単な計算にする。

あくまで必勝法ではないので、自分にあった資金で遊ぶ事をおすすめします。

オンラインカジノとは?前のページ

カジノは儲かる!マーチンゲール法をわかりやすく解説次のページ

関連記事

  1. カジノ

    日本で遊べるギャンブル還元率ランキング 4位→1位

    日本で遊べるギャンブルで勝ちやすい種類と還元率をご紹介します。…

  2. カジノ

    ベラジョンカジノ高還元率スロット

    みなさんせっかくオンラインカジノで遊ぶなら高還元率のゲームで遊びたい…

  3. カジノ

    ベラジョンカジノのスピード感

    いざベラジョンに登録してもサポートや入出金に時間がかかってはストレス…

  4. カジノ

    ベラジョンカジノのライブカジノは本物⁈

    ベラジョンで遊ぶなら、ぜひとも体験して欲しいのがライブカジノ。…

  5. カジノ

    ベラジョンカジノ対応銀行「エコペイズ 入出金」

    いざベラジョンに登録し、入金、出金しようと思っても、持ち銀行が対応し…

  6. カジノ

    ベラジョンカジノって儲かるの?

    いろいろ説明する前に実際の動画載せちゃいます。僕もベラジョン…

  1. カジノ

    ベラジョンカジノのライブカジノは本物⁈
  2. カジノ

    ベラジョンカジノにて高額賞金をゲット!
  3. カジノ

    今さら聞けない、カジノ”ブラックジャック”のルール
  4. カジノ

    日本で遊べるギャンブル還元率ランキング 4位→1位
  5. ベラジョンカジノ入出金方法

    ヴィーナスポイントマニュアル
PAGE TOP